昔からある梅毒とは?|病院へ行かないと貰えないアフターピルも通販で購入可能!

病院へ行かないと貰えないアフターピルも通販で購入可能!

昔からある梅毒とは?

いくつかの錠剤

性行為をする際に、病気を移されてしまうこともあります。性病は、とても簡単に感染してしまいます。
コンドームを使用していれば何も問題ないのでは?と思っている人も多いですが、性病の中には、性行為中以外の場面でも感染してしまう可能性のあるものもあります。
性行為中にコンドームをしていても、直接フェラやキスをすることもあります。実は、フェラやキスでも感染してしまう病気があります。
あまり馴染みのない人もいるかもしれませんが、昔から知られている性病の一つである梅毒は、フェラやキスでも感染します。口の周りのキズは自分でも分かりますが、口の中のキズは分かるものと分からないものがあります。
また、フェラをする際に、喉の奥まで入れることもありますよね。そのような行為の際にノドや口に感染してしまうのです。
梅毒は、徐々に進行していき、死に至る可能性のある病気でもあります。気づかずに放置をしていると10年程度で病気は最終段階にまで進行してしまいます。
しかし、梅毒は早めに治療をすることで治すことができる病気です。異常な症状に気付いた場合には検査することをオススメします。
梅毒は、3ヵ月以内に感染した部分に小さいしこりができるので、自分でも気づくことが可能ですが、放置をしておくと自然に消えてしまうので忘れてしまいがちです。
しこりが消えたからと言って、病気が治っているわけではなく、体内で病気は進行しています。
感染から3年程が経つと赤い発疹がでるなどの症状もあるので、気になった人は病院へ行くようにしましょう。発見するのが早ければペニシリンなどの抗生物質を使用することで
完治させることが可能ですが、発見が遅くなれば治る可能性も低くなり治療に掛かる費用も高くなってしまいます。
何か異変を感じたら病院で検査をするようにしましょう。